消費者金融と銀行カードローンの違いとそれぞれのメリット・デメリット

銀行カードローンか消費者金融か。キャッシングの選択の決め手はまずここです。もう既に判っている人たちも多いかもしれないですが、初心者のみなさんにお話しします。

 

銀行カードローン、消費者金融の違い

 

基本銀行カードローンと銀行が提供しているカードローンであり、もう一つは消費者金融が提供しているカードローンまたはキャッシングです。
カードローン、キャッシングと言う言い方も微妙なのですが、カードローンという言い方は銀行より登場した言葉であり、消費者金融の場合は、キャッシングという言い方をします。ここまでであれば、話しはそれ程混乱はしませんが、ここに以前消費者金融でキャッシングと言っていた業者が、銀行傘下となり、銀行系カードローンと呼ばれるようになって混乱したことです。
カードローンとキャッシングは一緒と言えば一緒ですが、一般的見解は、銀行、銀行系につく名前として使用されています。

 

銀行の方が金利が低い

 

銀行の方が消費者金融よりも資本が充実しているとも言えます。安定感とともに、みなさんに低金利での貸し出しを実現してくれています。ただし、銀行は誰にでもお金を貸し出しする訳ではありません。銀行は厳格な審査を行い、回収リスクを回避しているから、最低レベルでの金利による貸し出しが可能になったとも言えます。
金利の低さを意識するなら、私達は必然的に銀行カードローンに向きあってしまうはずです。

 

総量規制対象内

 

更に、新しい問題が浮上しました。それは、総量規制の問題です。
総量規制は原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。計画性を持って返済出来るとしても、消費者金融は総量規制によって貸し出しが出来なくなってしまったのです。専業主婦も、総量規制の問題で借り入れが困難になってしまいました。専業主婦が借り入れ出来ない為に、闇金業者に手を出すということも社会問題となっていました。ここで専業主婦は一度、レディースローンというものに目を向けますが、レディースローンも、総量規制の問題で借り入れが出来なくなってしまった専業主婦の為のものではなく、多くのレディースローンは総量規制対象なのです。

 

銀行は、総量規制対象外

 

それは、消費者金融が貸金業法に従って運営を行っていることから起こります。一方で銀行カードローンがあり、銀行カードローンは貸金業法で運営している訳ではなく、銀行法に基づいて運営している為に、総量規制対象外なのです。消費者金融で借り入れ出来ない専業主婦も、年収の3分の1以上の借り入れも、銀行カードローンなら可能です。